参加企業一覧

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

ASSOCIATES

参加企業

自らの努力で勝ち得た時の喜びを「形」に、長年培われた知恵と技術で、いつまでも心に残る一生の思い出を提供いたします。表彰賞品(カップ、楯など)と記念品(オリジナルデザイン)の総合メーカーです。

機械加工を得意とする企業グループです。加工素材、形状、加工方法を従来の考え方を捨てあらゆる可能性に挑戦し、お客様に高品質、高精度、低コスト、短納期をご提供いたします。

カワソーテクセル株式会社は100年を超える歩みの中で、瀬戸物、碍子、セラミックス、メタライズへと時代とともに歩んでまいりました。その道が1本につながっていることは、カワソーテクセルが持つ保有技術を磨き続けてきた証でもあります。セラミックスに金属を気密接合させるメタライズ技術が、これから豊かな未来への礎になることを願って、今日も研鑽を続けています。

今まで培ってきたあらゆる要素(切断技術・生産システム・素材特性)を駆使したものづくりでお客様の要求コストに見合った高品質を追求しています。品質にはソフト面とハード面の両立が必要と考えています。そしてそのバランスを常に高める努力を目指します。

金属製品製作、加工で幅広いニーズおよびシーズにお応えします。 開発のお手伝いから試作、量産までを実現、あらゆる加工をつなげていきます。

電子部品の製造に必要な超精密金型部品を製作しています。今後ますます高度化するご要求に、きめ細かくお応えできるよう常に最新技術を開発し、より微細で精密な加工に挑戦しています。

熱処理装置メーカーとしてスタートし、現在は熱処理、CVDそしてPVDの受託加工を行っております。自社開発装置も導入することで、品質向上と技術開発の相互作用を生み出し、高品質なサービスを提供することを可能としています。また日本で初めてメッシュ・ベルト型連続熱処理装置を開発して以来、熱処理加工分野におけるパイオニアとして業界をリードしてきました。

経営理念「私たちは全ての持続可能性を追求します」中でも、「社員」が活き活きと働き続けられる環境づくりを特に重視しています。「人による差別化」を経営戦略の軸にしているからです。「スペシャルティーコーヒー」の価値を最大限に伝え、新たな珈琲文化を創造するために、「社員」が潜在能力を最大限に高め、自主性を発揮できる環境づくりに努めています。

鍛造、最終仕上げまで一貫生産し、希望サイズのエンジンバルブを少量から生産します。 エンジンバルブを作り続けて60年、世界の補修市場に供給しています

経験に裏打ちされた技術と、それを支える最新システムで、受注~量産~納品までのリードタイム短縮を品質を落さずに実現させます。 「お客様の喜びが私たちの喜び」それが、枚岡合金工具の金型製作です。

こんな部品を作りたい、予算が決められていて無駄なコストを削減したい、こんな複雑なもの製造できるのだろうか、プレゼン用に1個単位での試作がほしい…お客様の様々な悩みや疑問をお聞かせください。お客様の求める“形”“答え”をわたしたちは一緒に悩み、創り上げたいと願っています。

双葉塗装株式会社は使う人を一番に考え、「やる気」「元気」「気配り」をモットーに、安心と信頼の製品をご提供させていただくことを、日々心がけております。お客様と築いていく信頼の中でできていく、人と人との輪こそが双葉塗装が最も大切にするものです。

マツダ株式会社は1968年の創業以来、最良の品質をお届けすることを基本として、技術開発にも積極的に取り組み、ものづくりを通じて社会に貢献し、信頼される企業となる事を目指しています。 社員一丸となって限界を超えたものづくりにチャレンジする精神のもと、より高度なレベルでお客様のニーズにお応えしたいと考えています。

少量生産でも会社を存続できる仕組みづくり、そして、それらの製品を提供し続けることが重要です。小さな市場でも本当に必要としている人に必要な分だけモノを提供できる仕組みづくり、使い捨てではなく一生に渡って使っていただくことができるような製品を発信し続ける。 モノプラス株式会社では現在、デザインモデルや試作品などの単品や少量生産品をつくるお手伝いをさせていただいております。

創業50年以上の吉武工務店は、お客様とともに快適な空間づくりを行っております。 新築からリフォーム工事、ちょっとした修繕工事でも、おうちの事ならなんでも任せてください!!「おうちのかかりつけ医」として、住まいのドクターが、お客様の大切なおうちをお守りいたします!!

「クラウド」「ビッグデータ」「データマイニング」・・・企業の情報活用のキーワードは数あれど、何をどうしたらよいかわからない。情報整理はできているはずなのに、何故か活用できていない ー 情報を活きたリソースとして運用するには、「デザイン」する必要があります。

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

株式会社 大阪ケイオス
Osakachaos Co.,Ltd.
〒550-0005
大阪市西区西本町2-5-24 昭和ビルディング2F
​TEL:06-6536-8654
FAX:06-6536-8606
Copyright Osaka Chaos Co.,Ltd. All right reserved.