展示会革新ツール:プロジェクションパネル“絵伝”

展示会でのプロジェクター活用 ×​ 来場者に響くコンテンツデザイン

  • パネル・タペストリーなどの装飾は不要

  • 簡単キットで設営ラクラク

  • 音と光でダイナミックに訴求

  • 来場者(ターゲット)に合わせたプレゼン

  • 情報資源を有効活用

  • ​多媒体・多用途展開

コア技術の概要

​展示会革新ツール:プロジェクションパネル“絵伝”を開発した経緯

 

当社の展示会デザイン事業は、これまではタペストリーと呼ばれる壁かけタイプの固定式の装飾を使い、集客力の高いブースを提供してきました。当社が開発した10・5・1理論。これは、ブースからの距離が10mの来場者にはattention(注意)、5mでinterest(関心)、1mでdesire(欲求)を呼び起こすコピーを展開し、来場者(ターゲット)を集客するための多段階情報設計。具体的には、10mの距離感では注意を引くキャッチコピーを、5mの間合いではより具体的な情報を、1mでは次回の約束を取り付ける施策を展開。来場者を徐々にブースに引き寄せる手法であり、これによって集客力の高いブースが出来上がり、出展者の好評を得てまいりました。

デジタルへのシフト

さらに、最近では、展示会ブースに大型のスクリーンを設置し、超短焦点プロジェクターでマッピングすることで、来場者のニーズに応じてキャッチコピー、アニメーション、動画、音声、などをタブレットなどから操作し、可変的に表示できるようなブースを提案。固定式のタペストリータイプのブース設計の限界を超えるブース装飾として、さらなる出展成果を狙っています。特にスペースが少ない小ブースには効果的であると考えます。


 当社は、展示会ブースのハード面のサポートだけでなく、スクリーンに映し出すソフト(コンテンツ)についてもサポート。出展者様はもちろん、出展者様のお客様や市場をリサーチし、集客につながるコンテンツを企画・デザイン・提案しています。

主な事例

1/1

“絵伝”特設サイト

https://www.raycreation.co.jp/mapping_panel/

コア技術の今後の展開

  • コンテンツバリエーションの拡充

  • コンテンツの他販促ツールへの水平展開など

  • ​企業の魅力を音で伝えるコンテンツ展開など

DATA

企業名:

担当者:

営業企画部 須賀

この技術・サービスへ問い合わせる

メールでのお問い合わせはこちらのフォームをご利用ください

※すべて必須項目です。

お電話でのお問い合わせは

Tel.06-6232-0338

株式会社 大阪ケイオス
Osakachaos Co.,Ltd.
〒550-0005
大阪市西区西本町2-5-24 昭和ビルディング2F
​TEL:06-6536-8654
FAX:06-6536-8606
Copyright Osaka Chaos Co.,Ltd. All right reserved.